中国首相「日本と連携を」 貿易摩擦で財界首脳に訴え

 【北京共同】中国を訪問した福田康夫元首相と経団連の中西宏明会長ら大手企業首脳は10日、北京の政治の中枢である中南海で李克強首相と会談した。李氏は、米国の保護主義的政策により激化する貿易摩擦を念頭に「日本側と多国間の貿易体制や自由貿易の発展を擁護したい」と述べ、連携を呼び掛けた。中西氏は経済交流の強化に意欲を示した。

 経団連のメンバーは日中の主要企業トップらが経済協力を話し合う11日からの「日中CEOサミット」に参加するため訪中。李氏は9月にも財界訪中団と会談しており、対米関係悪化を背景に中国が近隣国との関係改善を進める中、交流が活発化している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ