CIA当局者も録音聴いたと報道 サウジ記者殺害時、大統領は否定

 【ワシントン共同】サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人著名記者がトルコで死亡した事件で、米紙ワシントン・ポストは20日、殺害時の状況が録音されたとトルコ当局が説明する音声記録を、米中央情報局(CIA)当局者らが聴いたと報じた。しかしトランプ大統領は同日、記者団に対し、殺害時の映像や音声記録は政権内の誰も見聞きしてないと否定した。

 音声記録が本物と確認されれば、サウジ当局が20日に発表した暫定捜査結果をトランプ政権が受け入れにくい状況に陥る可能性がある。

 同紙によると、音声記録は記者がサウジ当局者らに殺害されたことを証明する内容としている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ