新たな京都・南座、初公開 11月から顔見世興行

 耐震改修工事を終えて11月から再び開場する南座(京都市東山区)で22日、報道陣向けの内覧会があり、内部が初公開された。リニューアルされた南座では、11月1日から「吉例顔見世興行」が始まる。

 運営する松竹によると、桃山風の外観は維持し、屋根の軽量化などを実施。舞台空間は従来のままとした一方、新たに観客用のエレベーターを設けてバリアフリー対応を進め、照明を発光ダイオード(LED)にした。

 現存する南座は1929(昭和4)年に建てられた。国の登録有形文化財となっているが、2016年2月から休館し、松竹が耐震工事と劇場の設備更新を進めていた。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ