ガソリン4年ぶり160円 灯油も上昇、中東不安で

 経済産業省資源エネルギー庁が24日発表した22日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、15日時点の前回調査と比べて40銭高い160円ちょうどだった。中東情勢への不安を背景とした原油の高止まりが響き、2014年11月4日以来、約4年ぶりに160円台を付けた。灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり10円高い1797円だった。

 車を使う家庭や企業の負担は一段と重くなる。暖房の燃料費も上がり、消費全体に悪影響が広がりそうだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ