東海大山形高、アニメ科目新設へ 20年から、制作過程学ぶ

 東海大山形高(山形市)は24日、アニメの制作過程などが学べる「アニメーション科目」を2020年4月から選択科目の一つとして新設すると発表した。全日制の普通科でアニメについて学ぶ常設科目が設けられるのは珍しいとしている。

 同校によると、選択科目は、特進など三つあるコースのうち、総合学習コースに在籍する生徒が2年生から興味に合わせて選んで受ける授業。アニメ作りの基礎を学んだ後、実際にアニメを制作し発表する。

 週4時間あり、「ルパン三世 カリオストロの城」や、「ALWAYS 三丁目の夕日」を制作した関係者をそれぞれ講師として招く予定になっている。

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR