「尾張徳川家の至宝」展が開幕

 尾張徳川家ゆかりの品を集めた特別展「尾張徳川家の至宝」(西日本新聞社など主催)が12日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まった=写真。

 徳川美術館(名古屋市)所蔵の約180点を展示。国宝「源氏物語絵巻 横笛」を27日まで期間限定で公開しているほか、徳川家康の遺品の鎧(よろい)や刀などの武具類や茶の湯、能道具などが並ぶ。3代将軍家光の長女が尾張徳川家に嫁いだ際の婚礼道具類「初音(はつね)の調度」の中から展示された「初音蒔絵貝桶(まきえかいおけ)」などを見た熊本市東区の林田哲子さん(80)は「金色で豪華。ぜいたくですね」と感心した様子で話した。

 会期は12月8日まで。観覧料は一般1500円、高大生千円、小中生600円。NTTハローダイヤル=050(5542)8600。

=2013/10/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ