ブラジル大統領選、決選投票開始 過激右翼候補が勝利の勢い

 【リオデジャネイロ共同】南米ブラジルで28日朝(日本時間同日夜)、大統領選の決選投票が始まった。最新の世論調査では過激な発言で「ブラジルのトランプ」と呼ばれる右翼ジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が、対抗馬の左派フェルナンド・アダジ元教育相(55)を支持率で約10ポイント上回り、勝利の勢いだ。

 元軍人のボルソナロ氏は、かつての軍事政権を称賛。女性や黒人、同性愛者らへの数々の差別的発言でも知られる。しかし27日に公表したビデオメッセージでは「人種偏見のないブラジルを実現したい。もし私が同性愛者だとしても、何が悪いのか」と述べ、イメージ転換を図った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ