大型の台風26号が北上 東日本接近の恐れ、厳戒を

 大型で非常に強い台風26号は14日、日本の南海上を時速20キロで北北西に進んだ。15日にかけて北上し、16日には東日本の太平洋側にかなり接近する恐れがある。気象庁は西日本から北日本にかけての広い範囲で大雨や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、14日午前9時現在の中心気圧は930ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 15日から16日にかけて西日本から北日本の太平洋側を中心に、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある。

PR

PR

注目のテーマ