辺野古工事、国交相が認める 承認撤回の効力停止、再開方針

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設を巡り、石井啓一国土交通相は30日、県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回処分の効力を一時停止すると発表した。これを受けて、岩屋毅防衛相は工事再開の意向を表明。玉城デニー知事は「公平性、中立性を欠く判断で強い憤りを禁じ得ない」と反発し、第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る方向で検討を始めた。

 石井氏は記者会見で、行政不服審査法に基づく防衛省沖縄防衛局の申し立てを認めた理由を「日米間の信頼関係や同盟関係等にも悪影響を及ぼしかねない」と説明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ