大手百貨店、4社全て増収 10月、秋物衣料品が好調

 大手百貨店4社が1日発表した10月の既存店売上高(速報)は、全社で前年同月の実績を上回った。昨年に比べ日曜日が1日少なかったが、外出に適した穏やかな天候の日が多かったため、秋物の衣料品が好調だった。

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは4・1%増と、2カ月ぶりにプラスとなった。

 高島屋は宝飾品や食料品の売れ行きが良く、3・5%増。

 三越伊勢丹ホールディングスも2カ月ぶりのプラスで、1・1%増だった。

 そごう・西武は1・4%増。プロ野球西武ライオンズのパ・リーグ優勝に合わせて開催したセールが寄与し、4カ月ぶりにプラスになった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ