片山氏、政治資金記載漏れを謝罪 担当秘書の誤認と説明

 片山さつき地方創生担当相は2日の記者会見で、2016年の政治資金収支報告書の訂正について「こんなことは二度と起きないようにしたい」と謝罪した。

 片山氏は10月31日、複数の政治連盟から約200万円の献金を受けたのに収支報告書に記載がなかったとの週刊誌報道を受け、報告書を訂正。会見で、担当した秘書の誤認だったと説明し「秘書間の意思疎通が不十分だったことは大変な反省点だ」と述べた。

PR

PR