福岡市長選、4日に告示 現職と新人、一騎打ちへ

 任期満了に伴う福岡市長選は4日告示される。立候補を予定しているのはいずれも無所属で、3選を目指す現職高島宗一郎氏(44)と、新人で共産党市議団事務局長の神谷貴行氏(48)=共産推薦=の2人で、一騎打ちとなる見通しだ。高島氏による2期8年の市政運営への評価が争点となる。投開票は18日。

 高島氏はJR博多駅と博多港を結ぶロープウエーの導入を掲げ「福岡の勢い、好循環の流れを止めない」と実績をアピールする。神谷氏は低所得世帯が増加傾向にあると指摘した上で、家賃補助や市営住宅の増設を主張している。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ