トクヤマ子会社、不適合品を出荷 防火サッシ、279棟に設置

 国土交通省は7日、化学メーカー、トクヤマの子会社エクセルシャノン(東京)が出荷した防火サッシで、国の仕様に適合しない部品が使われていたと発表した。サッシは35都道府県の279棟の一戸建て住宅などに設置されていた。実際に火災の拡大につながったケースは確認されていないという。

 防火サッシの戸締まりに使う部品が、国に申請していた亜鉛合金製ではなく樹脂製だった。対象の物件は、住宅237棟、マンションやアパート21棟など。エクセルシャノンは12月中に原則全ての部品を交換するとしている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ