タイ実業家、フォーチュン誌買収 170億円

 【ニューヨーク共同】米出版・放送会社のメレディスは9日、傘下に置く米経済誌「フォーチュン」をタイの実業家が1億5千万ドル(約170億円)で買収すると発表した。メレディスは女性向け雑誌に経営資源を集中させる方針で、9月にも傘下の有力誌「タイム」の売却を発表した。

 米国では富豪がメディアを買収する動きが目立つ。タイムを買収するのは米IT大手セールスフォース・ドットコムの最高経営責任者(CEO)のマーク・ベニオフ夫妻だ。

 フォーチュンを買収するのはタイ有力財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループの一員で、個人として投資する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ