米西部の山火事、計31人死亡 30万人避難、火勢衰えず

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州で多発する大規模な山火事で、地元当局は11日、少なくとも計31人の死亡を確認したと発表した。米メディアによると、約30万人が避難。消防隊員らが懸命の消火活動を続けているが火勢は衰えず、空気が乾燥して風が強い天気が今後も数日続くことから、さらなる被害拡大が懸念されている。

 大規模な山火事はサンフランシスコ北方のビュート郡パラダイスと、ロサンゼルス郊外ベンチュラ郡周辺で発生。焼失面積も合計で東京都の約半分の千平方キロに広がった。

 ブラウン州知事は11日の記者会見で「地球温暖化がわれわれの生活を脅かしている」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ