台風、空路や鉄道に大きく乱れ 運休、欠航相次ぐ

 台風26号による悪天候の影響で、日本列島は16日、関東を中心に空路や鉄道のダイヤが大きく乱れた。高速道路も各地で通行止めが相次いだ。

 東海道新幹線は16日朝から浜松―三河安城や品川―小田原などで運転を一時見合わせ、午前に上下12本が運休した。

 JR東日本は台風接近を見越し、15日夜に東北、山形、上越、長野新幹線31本の運休を決めていたが、16日朝から各地の風速計が規制値に達し、運転見合わせが続出。さらに秋田新幹線の6本が運休した。

 空の便は羽田発着を中心にダイヤが乱れ、日航は国内線195便、全日空は国内線と国際線計211便を欠航した。

PR

PR

注目のテーマ