松坂大輔投手が「竜」退治? ジュラシックDVD発売

 映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のブルーレイ、DVD発売記念イベントが東京都内で行われ、プロ野球中日ドラゴンズの松坂大輔投手が登場。突然の恐竜の来襲にも、6勝を挙げカムバック賞を受賞した今年のシーズンと同様、見事に退治した。

 松坂投手が「平成の怪物」の異名を持つことから、怪物つながりで実現したイベント。「試合以上に緊張する」と言いながらも、「恐竜と聞くと、夢とロマンがあって大好きな世界」と笑顔を見せた。今作も子どもたちと一緒に見たという。

 イベントの終盤、ティラノサウルス・レックスが現れ、松坂投手らに襲いかかった。追い払おうとボールを投げたが、なんと命中せず。会場がどよめく中、その後の3球で仕留め、撃退した。

 イベント後、取材陣に「フォーシーム(直球)のつもりで投げたら、球がちょっと動き、外してしまった」と笑わせた松坂投手。2球目以降をきっちり立て直したのは、シーズン中の投球術とも重なるベテランの味だった。

 豪腕投手として一時代を築いた平成が来年、終わる。今も「平成の怪物」と呼ばれることには「若い時とイメージが違うので申し訳ない思いもある」と話しつつ、「他にそう呼ばれている人がいないのなら、良かったと思います」と自負ものぞかせた。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ