菅氏、2島返還なら「日本主権」 歯舞、色丹巡り

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、北方領土の歯舞群島と色丹島が返還された場合について「当然、日本の主権も確認されることになる」と表明した。ロシアのプーチン大統領は、2島の主権も交渉対象になると日本側に厳しい条件を突き付けており、交渉を巡る両国の認識の違いが明らかになった。

 1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後、歯舞、色丹を引き渡すと明記。安倍晋三首相は14日のシンガポールでの首脳会談で、共同宣言を交渉の基礎とすることでプーチン氏と合意した。ただプーチン氏は翌15日、ロシア記者団に「島の主権がどちらになるのか書かれていない」と説明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ