中国の大学生が「日本知識」競う クイズ大会通じ理解深め

 【北京共同】中国で日本語を学ぶ大学生に日本への理解を深めてもらおうと、公益財団法人「日本科学協会」(東京)は18日、クイズ形式の「日本知識大会」を北京大で開いた。全国の109大学から327人が参加し、正解してガッツポーズをする学生もいた。

 同協会は日本語を話せる人材を育て、中国の若者の間で日本との友好の機運を高めたい考え。

 大会は個人戦と、3人一組の団体戦で実施。「ふるさと納税制度の問題点は」「『マジ』という言葉はいつからあるか」といった問題が出され、内容は歴史や政治、スポーツ、アニメなど多分野に及んだ。会場からは正解者に大きな拍手が送られるなどした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ