桂きん枝さん、小文枝襲名公演へ 来年3月、なんばグランド花月で

 四代目桂小文枝を襲名する上方落語家の桂きん枝さん(67)が20日、大阪市北区の大阪天満宮にある境内社「高坐招魂社」で記者会見を開き、来年3月12日に同市中央区の劇場「なんばグランド花月」(NGK)で襲名披露公演を開催すると発表した。

 小文枝は、きん枝さんの師匠だった五代目桂文枝さん(故人)の前名で、約27年ぶりの復活。公演には桂文枝さん(75)や三遊亭円楽さん(68)らが出演する。きん枝さんは「準備もいろいろとあるが、粛々とやっていきたい」と話した。

 きん枝さんの所属事務所によると、襲名披露公演は他に京都、兵庫両府県など全国で20公演以上を予定している。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ