自公「憲法審の早期開催必要」 両幹事長が一致

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は21日、東京都内で会談し、今国会で一度も開かれていない衆院憲法審査会を早急に開催すべきだとの認識で一致した。公選法にそろえて憲法改正の国民投票の利便性を高める国民投票法改正案の審議を急ぐ必要性も確認した。

 両党国対委員長も同席した。会談後、自民党の森山裕国対委員長は記者団に、憲法審幹事を選任できない現状を憂慮した上で「憲法審は全会派出席で決めることが大事だ」と強調した。

 公明党の高木陽介国対委員長は、「憲法審は、法務委や入管難民法と全く関係ない」とけん制した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ