北朝鮮で平和願い法要 臨済宗相国寺派管長ら

 【平壌共同】臨済宗相国寺派の有馬頼底管長ら日本の仏教界関係者が21日、北朝鮮の南西部開城に復元された高麗時代の名刹「霊通寺」で朝鮮半島の平和と統一を祈願する法要を行った。

 この数年、毎年訪朝している有馬氏は、南北首脳会談や米朝首脳会談が実現したことを踏まえ、「(南北統一への)祈りがだんだん通じてきているように思う。世界の平和を願い、戦争はだめだと誓うためにお経を読んだ」と語った。

 有馬氏は京都の金閣寺と銀閣寺の住職を兼ね、北朝鮮の仏教界と交流を続けている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ