熊本城、大銀杏の紅葉見頃 工事で立ち入り禁止続く

 熊本地震で被災した熊本城(熊本市)の天守閣前広場で「大銀杏」が紅葉の見頃を迎えた。復旧工事のため、城内は同広場を含め大部分で立ち入り禁止が続く。市民に親しまれた大銀杏が色づく様子を伝えようと、市が22日、報道陣に公開した。

 市によると、大銀杏は高さ約21メートル。熊本城を築いた加藤清正が植えたと伝えられる。22日は曇り空から時折太陽の光が差し込む中、天守閣を背に黄色い葉が風に揺れていた。

 熊本城は来年10月、天守閣前広場を含めた一部の区域で一般公開を始める。熊本城総合事務所の野本達雄副所長は「来年は天守閣と大銀杏の姿を一緒に楽しんでもらいたい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ