希望の党も与党と修正協議へ 入管法改正、維新と会談

 日本維新の会の下地幹郎国会議員団政調会長は22日、希望の党の松沢成文代表と国会内で会談し、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案について、共同で与党との修正協議に臨む方針を決めた。両党の担当者が自民党の政策責任者と会い、検討すべき項目を正式に伝達する見通しだ。

 松沢氏は会談で「政府案は時期尚早で不備な点が多すぎる。維新と修正協議に応じることで国民が安心できる法案にもっていきたい」と述べた。来年4月の施行を1年間延長するよう要求する考えも示した。

 維新は修正項目について、国内の雇用環境への配慮や、治安対策の強化を検討している。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ