WTO改革で「日本支える」 EU閣僚、大阪G20で

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の通商担当閣僚に当たるマルムストローム欧州委員は22日、ブリュッセルのEU本部で共同通信加盟社論説研究会の訪問団と会見し、来年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合で、ルールに基づく自由貿易を推進する立場から「世界貿易機関(WTO)改革で(議長国の)日本を支えていきたい」と述べた。

 批准作業に入った日EU経済連携協定(EPA)は「順調なら来年2月1日に発効する」と確認。EPAで関税がほぼ撤廃され、地理的表示(GI)保護により、日本の農産品のEU市場参入が容易になると強調した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ