シンガポール、ヘン氏与党重職に 次期首相へ最有力

 【シンガポール共同】シンガポールの与党、人民行動党(PAP)は23日、幹部会合を開き、書記長のリー・シェンロン首相(66)を支える書記長第1補佐にヘン・スイキャット財務相(57)を選任したと発表した。ヘン氏が次期首相の最有力候補となった。

 リー首相は70歳となる2022年までに政権を次世代に引き継ぐ意向で、若手の閣僚らが次期首相の候補を選ぶべきだとの考えを示していた。

 リー首相は23日、PAPのフェイスブック上に「若手の閣僚らが協議し、ヘン氏を指導者とすることで意見が一致した」と投稿した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ