大分知事、5選へ出馬表明 県議会本会議で

 大分県の広瀬勝貞知事(76)は26日の県議会本会議で、来年4月の任期満了に伴う知事選に5選を目指して立候補する意向を表明した。「熟慮を重ねた結果、自ら先頭に立ち県政の重要課題に取り組むことが最善策ではないかと考えた。県民中心の県政を旨に、振興と県民生活向上に取り組みたい」と述べた。

 広瀬氏は同県日田市出身。旧通産省に入り、官房長や機械情報産業局長などを経て、経済産業省事務次官を退官後、2003年、知事に初当選した。10年からは九州地方知事会の会長を務めている。

 大分県知事選で、これまでに立候補を表明した人はいない。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ