首相と沖縄知事、28日に会談 辺野古巡る1カ月協議受け

 安倍晋三首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、28日に玉城デニー知事と官邸で会談することが分かった。菅義偉官房長官が27日の記者会見で明らかにした。杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事による約1カ月間の協議を踏まえ、意見交換する。首相は移設推進方針を改めて説明。玉城氏は断念するよう訴え、平行線に終わるとみられる。

 菅氏は会談の狙いについて「月末で話し合いの期限を迎えることから、改めて首相と知事が辺野古移設に対する双方の考え方について意見交換を行う」と説明した。

 首相と玉城氏の会談は10月12日以来。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ