採決方針に「議論が生煮えだ」 入管法審議、怒る野党

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法改正案を審議した27日の衆院法務委員会では、数の力も背景に採決へ突き進む構えの与党への野党の怒りが噴出した。「こんな内容で採決していいのか」「議論が生煮えだ」。審議はたびたび抗議で中断した。

 法務委開始に先立つ理事会では、与野党理事らが険しい表情で向き合った。葉梨康弘委員長(自民)や与党筆頭理事の平沢勝栄氏(同)らは言葉少なく、足早に委員会室に移った。

 立憲民主党の山尾志桜里氏は報道陣の取材に「委員長は採決して成立させたいとの判断だった。世間の受け止めと乖離している」と“与党寄り”の議事運営に怒りをにじませた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ