米、中国車の関税上げ検討 USTR代表、40%へ

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は28日、中国から輸入する自動車に対する関税を現行の27・5%から40%へ引き上げることを検討するとの声明を発表した。アルゼンチンで今週末に開かれる予定の米中首脳会談を前に、中国をけん制した。

 中国による米国車への高関税に対抗する狙いがあり、声明では「トランプ米大統領の指示により、車に対する関税を同率にするため、あらゆる手段を精査する」と強調した。

 米国の乗用車に対する関税は2・5%。中国からの輸入車には知的財産権侵害に対抗する制裁第1弾の追加関税25%を加え計27・5%の税率を適用している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ