日航副操縦士、「寂しさ」で飲酒 弁護側主張

 【ロンドン共同】乗務前に呼気から基準値を大幅に超えるアルコールが検出され、英国の運輸関係法令違反の罪に問われた日航副操縦士、実川克敏被告(42)に対し、ロンドン西部の刑事法院のマシューズ裁判官は29日、被告が乗務前「まだ酩酊状態」だったと厳しく糾弾した。弁護側は家族と離れているという「寂しさ」などから飲酒に至ったと説明した。

 判決理由で裁判官は「(検査)数値を見る限り、まだ酩酊状態で(仮に乗務していたならば)数時間はその状態が続いたはずだ」と指摘し、乗務した場合の代償は「壊滅的なものとなっただろう」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ