官房長官、特別警報の見直し検討 台風による伊豆大島被害受け

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、台風26号により東京都・伊豆大島(大島町)で多くの犠牲者が出たことを受け、気象庁による特別警報の運用見直しなどを検討する考えを示した。特別警報が発表されなかったことに関し「気象庁を含む関係部局は、警戒を要する情報内容や伝え方の改善を早急に検討する必要がある」と述べた。

 被害発生時に町長らが不在で避難勧告、指示が出なかったことについても「事実関係、経緯を確認し検証していく必要がある」と指摘。政府と自治体が共同で検証作業に当たるべきだとの認識を示した。

PR

PR

注目のテーマ