伊豆大島2300人に避難勧告 二次災害防止、捜索は中断

雨が降る中、都立大島高校の体育館に避難してきた住民ら=19日午後、東京都大島町 拡大

雨が降る中、都立大島高校の体育館に避難してきた住民ら=19日午後、東京都大島町

 台風26号による伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害で、町は19日午後5時すぎ、降雨による二次災害の恐れがあるとして、一部の住民約2300人に避難勧告を出した。学校や公民館などに避難所を設け、午後8時現在で830人が避難した。

 週半ば以降には猛烈な台風27号が強い勢力で近づく恐れがあり、影響が出そうな場合はより強い避難指示も検討する。警視庁と東京消防庁、自衛隊などは勧告を受け、捜索を中断した。

 19日に新たに2人の死亡が確認され、死者は27人となった。21人の安否が分かっていない。

PR

PR

注目のテーマ