与党、新防衛大綱を了承 いずも空母化で確認書

 政府は13日、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と次期中期防衛力整備計画(中期防)を自民、公明両党が開いたワーキングチーム(WT)会合で提示し、了承された。両党は、海上自衛隊の護衛艦「いずも」改修による事実上の空母化を巡り、改修は専守防衛の範囲内とする確認書をまとめた。

 両党は、改修後のいずもについて「空母」の呼称は避け、「多用途運用護衛艦」と位置付けることで合意した。確認書は、改修後もいずもはヘリコプターの運用や医療といった多用途で運用されると明記。保有が専守防衛の範囲を超えるとされる「攻撃型空母」には当たらないとした。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ