首相、新戦略特区の議論加速指示 最先端技術を活用

 政府は17日、国家戦略特区諮問会議を開き、最先端技術を活用する新たな国家戦略特区制度「スーパーシティ構想」について議論した。安倍晋三首相は会議で「いち早く実現させなければならない。スーパーシティが実装すべき技術やサービスについて、早急に検討を進めてほしい」と議論の加速を指示した。

 有識者会議が取りまとめた中間報告を基に、対象地域の公募に向けた手続きなどを議論。新たな特区は、車の自動運転やドローン配達などを前提に生活する地域の実現を目指している。

 中間報告では、自動運転のほかキャッシュレス決済など10項目のうち、少なくとも5項目を完全に実施するとしている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ