南極の素粒子観測に高評価 米誌、今年の科学ニュース

 米科学誌サイエンスは20日付電子版で、今年の科学ニュースを選ぶ「2018年の大発見」を発表。南極の氷を利用した素粒子ニュートリノの観測実験「アイスキューブ」が選ばれた。千葉大の研究者が参加する国際チームの実験で「銀河系の外からニュートリノが来たことを初めて特定した」と高評価だった。

 国際チームは昨年9月、南極の氷に設置した約5千個の検出器でニュートリノをキャッチ。分析で約40億光年離れた天体から飛んできたことを突き止め、今年7月に発表した。

 この天体の中心にはブラックホールがあって、地球に向かって高速でガスを噴き出しているという。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR