ドローン目撃、英で滑走路閉鎖 事態打開へ軍派遣

 【ロンドン共同】ロンドン近郊のガトウィック空港で、複数の小型無人機ドローンが滑走路付近で目撃され、19日夜から滑走路が閉鎖されている。ドローンは20日も断続的に目撃され、政府は事態打開のため軍の派遣を決定。英メディアによると、地元警察はテロの可能性を否定、混乱を狙った妨害行為とみて調べている。

 クリスマス前の20日は大勢の市民らが足止めを余儀なくされ、テレビでは空港で待ちくたびれた人々の様子が中継された。英BBC放送によると20日は約760便の計11万人が発着予定だった。滑走路が再開されたとしても、影響は数日間続くとみられるという。

関連記事

PR

PR