伊豆大島、高齢者ら島外避難へ 町が希望調査、死者28人に

台風26号による深刻な土石流被害が出てから6日目。海岸付近では朝から再開した行方不明者の捜索活動が続いた=21日午後2時51分、東京都大島町で共同通信社ヘリから 拡大

台風26号による深刻な土石流被害が出てから6日目。海岸付近では朝から再開した行方不明者の捜索活動が続いた=21日午後2時51分、東京都大島町で共同通信社ヘリから

避難勧告が解除された伊豆大島で、知人宅の倉庫に流れ込んだ泥をかき出す男性=21日午後、東京都大島町

 台風26号による伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害で、川島理史町長は21日夜の記者会見で、台風27号が近づくのに備え、避難時に支援が必要な高齢者や障害者ら約500人にアンケートを実施し、希望すれば島外に避難させる方針を明らかにした。

 警視庁と町によると、21日午後の捜索で1人の遺体を発見、死者は28人になった。女性1人の身元が分かり、判明者は23人。依然として18人が行方不明になっている。

 警視庁や自衛隊などは地盤が緩んでいる中、二次災害を警戒しながら不明者の捜索を約1200人態勢で続けた。

PR

PR

注目のテーマ