仏デモ参加者4万人弱 6週目は大幅減

 【パリ共同】フランス内務省は22日、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動が6週連続で同日実施した一斉デモの参加者数について、午後6時(日本時間23日午前2時)時点で約3万8600人だったと発表した。前週15日の約6万6千人から大幅に減少した。地元メディアが伝えた。

 長期化するデモを受け、マクロン大統領は10日に最低賃金引き上げなど家計支援策を発表。既にデモ参加者は減少傾向にあり、クリスマスを前に規模は一層縮小したが、運動の根強さも示した。警官隊との衝突や小競り合いがあり、警察は全国で220人を拘束した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ