熊本城、大天守の石垣が復旧 地震で2割崩壊、報道公開

 2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城天守閣の大天守で、土台部分の石垣の積み直し工事が終わり、27日に報道陣に公開された。熊本市によると、石垣は高さ約5メートルで、地震で2割以上に当たる約790個が崩れた。

 亀裂などで使えなくなった石が約120個あり、職人がのみとハンマーで新しい石から作り直したという。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR