米IT大手デル、株式を再上場 5年ぶり、法人向け強化

 【ニューヨーク共同】米IT大手デル・テクノロジーズは28日、株式を再上場した。2013年に創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO)らが自社買収(MBO)し、株式を非公開化していた。上場先はニューヨーク証券取引所。

 デルは1984年に創業し、パソコンを消費者に直接販売する事業モデルで成長したが、スマートフォンやタブレット端末に押され、パソコン販売が落ち込んだ。その後、サーバーや情報セキュリティーサービスなど法人向けの強化を進めた。

PR

PR