台風27号、大東島へ 週末は西・東日本影響も

 非常に強い台風27号は22日、沖縄県・南大東島の南東海上を北西に進んだ。大東島地方は夕方から大しけとなる見込みで、気象庁は高波に警戒を呼び掛けた。23日は暴風となる恐れがある。

 気象庁によると、27号はその後、進路を東寄りに変え、週末には西日本や東日本に影響する可能性がある。土石流で甚大な被害が出た伊豆大島も注意が必要だ。

 27号は午前9時現在、南大東島の南東約500キロを時速約15キロで北西に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

PR

PR

注目のテーマ