週後半、大雨に警戒 台風27号、西・東日本へ

 強い台風27号は23日、沖縄県・南大東島の南海上を西寄りに進んだ。24日にかけて大東島地方に接近する見込み。気象庁は、九州南部から沖縄は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。次第に進路を北東に変え、週後半にも西日本や東日本に近づき、広い範囲で大雨となる恐れがある。

 土石流で甚大な被害が出た伊豆大島も、台風26号による記録的大雨で地盤が緩んでおり、警戒が必要だ。

 気象庁によると、沖縄では1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る。台風の北上に伴い前線が活発化し、九州や四国も激しい雨が予想される。

PR

PR

注目のテーマ