長崎・佐世保 小6女児同級生殺害事件とは

 2004年6月1日、長崎県佐世保市の小学校で、6年生の女児が同じクラスの女児を特別教室に呼び出し、首をカッターナイフで切りつけて失血死させた。長崎家裁佐世保支部は同年9月、加害女児を栃木県の児童自立支援施設に入所させ、行動の自由を制限する「強制的措置」を認める保護処分を決定。加害女児その後、08年春に施設内の中学を卒業し退所した。この事件などを契機に少年法が改正され、少年院収容年齢は「おおむね12歳以上」に引き下げられた。

 

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ