大阪都構想の法定協、再び空転 議事運営批判、制度案議論進まず

 大阪都構想の制度案(協定書)を作る大阪府と大阪市の法定協議会が29日、府庁で開催された。大阪維新の会(代表・松井一郎知事)の側が一方的に通知した日程で、自民党や公明党は議事運営への批判を展開、実質的に制度案を巡る審議が行われなかった前回23日に続いて空転した。

 公明党は23日の法定協で、大阪維新の独断で議事が進んでいるとし、正常な運営と散会を求める動議を提出。自民、共産両党も同調したが、大阪維新幹事長の今井豊法定協会長が採決を拒み、紛糾したまま終了した。24日に開かれた法定協の各派代表者会議で今井氏は、29日の会合開催を宣言して離席した。

関連記事

PR

PR