大阪都構想の実現に意欲 外国特派員協会で知事と市長

 松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長は20日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、大阪経済の成長を目的とし、市を廃止して府とともに行政機能を再編、特別区を新設する大阪都構想の実現に改めて意欲を示した。

 松井氏は、府市が成長戦略を一本化し、インフラ整備や行政改革が進んだと紹介し「府市再編を確実に実現したい」と強調。吉村氏も「日本を引っ張る都市にするため、成長を阻害する二重行政を取り除く」と述べた。都構想の住民投票実施を訴えるため、両氏は辞職して統一地方選に合わせたダブル選に踏み切ることを検討しているが、この話題は出なかった。

PR

PR