辺野古県民投票結果、1日に通知 玉城沖縄知事、日米両政府に

 沖縄県の玉城デニー知事は1日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る県民投票の結果を、安倍晋三首相と在日米大使館に通知する。首相と会談し、辺野古沿岸部の埋め立てに7割超が「反対」となった投票結果を示して改めて移設断念を迫った上で、日米両政府と県による3者協議の場を設けるよう要請する方針だ。

 安倍首相と玉城氏の会談は昨年11月28日以来で3度目となる。辺野古移設問題の一点に絞って示された投票結果に、首相がどう対応するかが焦点。玉城氏との会談を前に首相は2月28日の衆院予算委で「地元の皆さんと意思疎通を図りながら基地負担の軽減に取り組んでいく」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ