伊豆大島、被災地区の小学校再開 笑顔と歓声戻る

小学校が再開され、登校する町立つばき小の児童ら=29日午前、東京都大島町 拡大

小学校が再開され、登校する町立つばき小の児童ら=29日午前、東京都大島町

 台風26号による土石流で甚大な被害が出た伊豆大島(東京都大島町)の元町地区にある町立つばき小学校で29日、授業が再開され、心待ちにしていた児童が元気に登校した。あいにくの雨だったが、教職員らが笑顔で出迎え、学校に11日ぶりに歓声が戻った。

 19日から横浜市の親戚宅に家族で避難していた1年生の永塚みみさん(6)は「鬼ごっこをして遊びたい」と友達との再会を喜んだ。母摩衣子さん(37)は「家でも楽しみにしていた」と目を細めながら「万が一にでも、土砂崩れが起きないか心配です」とも。

PR

PR

注目のテーマ