日本製車両の観光列車を試走 ミャンマー、中古を改装

 【ヤンゴン共同】中古の鉄道車両輸出を手掛ける商社ウエストコーポレーション(東京)が2日、ミャンマー国鉄と協力し、最大都市ヤンゴンと東部の地方都市を結ぶ路線で、中古日本製車両を改装した観光列車を試走させた。今後、合弁で商業運行を目指す。

 JR東海が運行していたエアコン付きのディーゼル車「キハ40系」2両が、ヤンゴンと約280キロ離れた第3の都市モーラミャイン間を片道8時間で、約100人を乗せ往復。一部を幅の広い特別席としたほか、女性スタッフが弁当を配布し、車内広告のサンプルも掲示した。

 ウエストコーポレーションは「旅客が伸びるはず」と期待する。

PR

PR