国立大72校が民間検定試験活用 共通テスト英語、2校は使わず

 2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について、文部科学省は13日、一定の成績を出願資格とするなどして活用すると公表した国立大が全82校中で72校に上ると明らかにした。

 北海道大と東北大の2校は、公平な受験体制の整備に課題があるとして、テストが始まる20年度は活用しないと表明。8校は活用の有無を明示していないという。

 民間検定試験は生徒に「読む・聞く・書く・話す」の英語4技能をバランスよく身に付けさせる狙いで導入され、大学入試センターが日本英語検定協会の英検(新形式)など7団体8種類の試験を認定した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ